事務組合&事務局 概要
通常労災保険に加入できない一人親方皆様、神建経協事務組合の組合員になると労災保険に特別加入できます。

労災保険というのはご存知のことと思いますが、労働者が就労中に怪我や病気等(業務災害)が発生した場合、また出退勤時の事故に遭った場合等に、本来責任を負うべき事業主に成り代わって、国が被災労働者に保険給付を行う制度です。
この制度は、労働者のためにある制度ですので、事業主・自営業者等がこれらの災害に遭っても、労災保険の適用がされないのが原則です。
しかし一人親方の方の様に、事業主であっても実際には労働者と同じ業務に従事しているのが実態ですので、災害の発生率はほぼ同じです。事業主というだけで保険給付を受けられないのは片手おちです。
そこで労災保険では、一定の要件を満たせば加入できる特別加入の制度を設けています。

一人親方が労災保険の特別加入制度とは
一人親方が労災に加入できる特別加入制度を利用します。
一人親方が集まって任意組合をつくり、当機構がその規約について認定したとき、その任意組合を事業主とみなし、個々の親方などはその事業主である任意組合に雇われる労働者とみなすことにより、制度を適用することにしています。神建経協事務組合は、その認定を受けた組合組織です。

一人親方労災保険の加入方法
神建経協事務組合の組合員になっていただきます。

●組合加入の条件
・建設の事業を行う一人親方であること(建設業以外は承っておりません)
常態として労働者を使用しないで事業を行う者であること(家族労働者は除く)
 以上の加入条件が必要となります

●特別加入の申請
 神建経協事務組合に、作業の具体的な内容、業務歴及び希望する給付基礎日額等(具体的な内容はご相談に応じます)を申請してください。組合の方で申請書別紙に記入し、労災特別加入申請を行います。

労災保険の制度概要と適用
 労災保険は、業務上災害や通勤途上災害で、休業、障害、死亡等の状態になった時に保険給付を受けられます。
 保険給付の額は、「給付基礎日額」を基礎として計算されます。と同時に加入者が支払う保険料の額の計算にも用いられ、その納付額は加入者自身が、自由に決められます。高い給付基礎日額を選択すれば高い保険給付を受けることが出来る反面、支払うべき保険料も高くなるります。「給付基礎日額」については、神建経協事務組合担当者にご相談ください。

● 労災保険はどのような補償がある?

業務上の事故または通勤途中の事故で・・・
  1. 病院にかかった場合の治療費は10割(全額)補償
  2. 休業補償(給付基礎日額の8割が補償)
  3. 障害年金は、給付基礎日額に障害の等級による日数をかけて年金や一時金の額が決まります。
  4. 労働者の方が亡くなった場合には、遺族の方へ年金又は一時金の給付がされます。また、葬祭を行う方への給付もあります。
 申請完了後、各変更申請、もしもの場合の保険給付申請などは組合の方で代行いたします。 

お問い合せは 事務局まで
電 話 ◆税務・経営相談

神建経協事務組合及び事務組合事務局ご案内

組合名: 神建経協事務組合
認可番号: 第128号
事務局所在地: 郵便番号 245-0002
 神奈川県横浜市泉区緑園3-25-9
 連絡先:電話  045-810-0023
 連絡先:ファックス  045-810-0025
 E-mail: info@ueda-jimusho.jp
事業内容: 〇当組合は次の事業を行う
1 建設業の健全なる発展のため各種相談指導業務
2 一人親方労災保険特別加入の申請、保険の徴収、納付及び労災保険に関する事務手続き、並びに相談指導
3 その他、当組合の目的達成に必要な事業
理事長:  植田 康廣

お問い合せ・ご意見・ご要望  行政書士法人 ウエダ事務所へ戻る

Copyright(c)2006 Shinkenkeikyou Jimukumiai